クオーツ式時計のデメリット

クオーツ式時計について知ろう

時計には、大きく分けてクオーツ式時計と機械式時計があり、比較的低価格でも入手できて、お手入れも楽なクオーツ式時計を愛用している方は多いでしょう。クオーツ式時計には、機械式時計に比べて狂いにくく、価格が安いというメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。例えば、クオーツ式時計は大量生産されているものがほとんどで、資産価値が低いことです。機械式時計は、数十万円から数百万円で取引されている商品も多く、数十年に亘って使用できるため、資産価値が高いものが多くなっています。しかし、クオーツ式時計は大量生産が一般的で、資産価値はほとんどありません。また、修理が難しく、使用されているパーツが安価なことから、数十年に亘る使用には向かないようです。

クオーツ式時計のデメリットも受け入れよう

クオーツ式時計には、資産価値がほとんどないことや修理が難しく、長期間の使用には向かないというデメリットがありますが、比較的低価格で入手することが出来るというのは、クオーツ式時計の最大の魅力でしょう。ファッションの一部として時計を愛用する方は多いと思いますが、高額な時計を1、2本半永久的に使うか、比較的低価格な時計をファッションに合わせて複数種類使うかは、個人の自由です。クオーツ式時計には、機械式時計にはない低価格で入手できるという最大のメリットがあり、服装に合わせて時計を選ぶことができます。服装の好みは年齢によって変わることもあり、それに合わせて時計の好みも変わる可能性があるでしょう。その場合、長期間の使用には向かないというクオーツ式時計のデメリットは、メリットに変わるかもしれません。