機械式時計の価格

極めて価格帯が広い商品

機械式腕時計は、あらゆるファッションアイテム・日用品の中で最も価格帯が広い商品と言えます。その差は数百万円程度ではなく、数千万円になります。その中で、まず高級商品で言うと50万円くらいから100万円の物が多く、このあたりの価格帯の機械式腕時計が世界の主流となっています。しかし上には上があり、高級ブランドを超えるランクの「超高級ブランド」内の商品には、当たり前のように100万円から1000万円くらいの値がつけられている傾向です。さらに、超高級ブランドの中の上位アイテムについては1000万円から3000万円くらいの値が付いている場合もあります。そのため、世界最高ランクに位置づけられている腕時計ブランドの商品は、「家が一つ買えるくらいの価格」と形容されています。

安いものはいくらくらい?

一方、機械式腕時計の中でも、安いものは一般的な所得の人が一括払いで気軽に買えるほど低価格です。具体的には、日本発祥の世界的な腕時計ブランドは、クオーツ式商品が大半を占めるもののわずかながら機械式時計も取り扱っています。値段が50万円くらいするような事はなく、価格帯は5万円前後と格安で、500万円の商品と比べれば価格は1/100です。安いからと言って品質が悪いわけではなく、世界的なメーカーが自信をもって提供する商品だけにその完成度は高く、かなり高い評価を得ています。ちなみに、男性向けデザインの商品だけでなく、女性向けにデザインされた商品も存在します。その他、新品にはこだわっていないのであれば、もっと安く手に入れる事も可能です。オンライン上のモールで中古品を検索してみると、1万円前後で販売されている中古商品も見つかります。