機械式時計のメリット

最大のメリットとは?

機械式腕時計を保有する事の最大のメリットと言えるのは、なんといっても電池が不要であるという点です。何年使い続けていても一切電池代がかかる事がないほか、電池が切れる度に時計屋さんに足を運んで電池交換をしてもらう必要がありません。これは、家の近くに時計店が一つもないような過疎地に住んでいる人にとっては特にありがたい点と言えます。なお、機械式腕時計は電池交換は一切不要であるものの、定期的にオーバーホール(車でいうところの車検のようなもの)に出さないといけないイメージがあります。しかし、1年に一度くらいのペースで数万円かけてオーバーホールを行ってもらう必然性があるわけではありません。実際には4年に一度程度で十分です。もしどうしてもオーバーホールに出すのが面倒なら、高機能ながら値段は据え置きの時計を買い、オーバーホールの時期が来たら買い替えるという手もあります。

その他のメリットとは?

機械式腕時計には、その他にも様々な保有メリットがあると言えます。電池の事以外で一番大きいと言えるのが、ファッション性の高さです。画一的なデザインで大量生産される時計を低価格カジュアル衣料とすると、デザイン性が高い機械式時計はデザイナーズブランド衣料のようなところがあります。デザインが斬新で前衛的なものが多いため、腕時計によって似たような服装の人とコーディネート完成度に差をつける事が可能です。また、クオーツ式時計はどんなに丁寧に扱い続けても一生同じものを使い続ける事はできません。それに対して機械式腕時計は丁寧に利用してメンテナンスもきっちり行っていれば一生使い続ける事も可能です。その他、ケースが大きくて文字盤の数字も大きな商品であれば、老眼の人でも時刻を確認しやすい、といったメリットもあります。